『便利だけど怖い世の中』

前回はウチの実家のお袋のオレオレ詐欺の話でした。笑
今回もお袋の話です。マザコンかっ!?笑
音楽全く関係ない。

現在87歳のお袋は近郊の町で独り暮らし。
幸いなことに何度か大病を患いながらも足腰は元気で、たまに畑仕事とかやったりします。
ただ、買い物が大変なので、週に何回か実家に孫の顔を見せに行きがてらスーパー巡っては一緒にご飯食べたりしてるんです。

ウチの子も大きくなって、チョロチョロ走り回るようになりまして。
大きなスーパーとか買い物に行くと、案の定大変なんです。
お袋はお袋で、最近の自動精算機の使い方がわからないので着いていてやらないとで。

で、ついこないだの話なんですがお袋の精算を手伝ってたら子供がスタスタ違う方に行ってしまいまして。
精算機にお金は入れたのでお釣りとレシートを取るように指示して息子を追っかけました。

息子を捕獲して、お袋の方を見るとカートに荷物を入れて押してきたので安心して車に積み込み帰りました。

で、実家でご飯食べようとしたら、買ってきた惣菜とか、そっくり無いんですよ。

どうやらお袋に任せて場所を離れたのが良くなかったのか、カゴひとつそっくり忘れてきたみたいで。

慌ててスーパーに電話したんだけど、今のところ無いみたいだ、との事で諦めて電話を切る。

残念だったね~~と話してると、電話がかかってきて「新保さんのお宅ですか?」と、スーパーから。
荷物が見つかりました、と。

ん?あれ?電話番号伝えてないのに、どうしてうちの電話番号わかったんだろ?
携帯から電話したので、履歴にも残ってない筈なのに?

とにかく行ってみようと思って子供を婆ちゃんに預けてスーパーへ。

ありました!見事にカゴひとつ、そっくりサービスカウンターにありました!

ウチの電話番号って伝えましたっけ?って聞いたら。。。

◯◯カード(ポイントが貯まるやつ)を使ったので、商品のバーコードからカード番号を割り出せて、カード番号から電話番号がわかって電話してくれたんだそうで。

いや、すごいッスね。探偵かよ!
でもちょっと怖いですね、無いとは思うけど、個人情報がしっかり入ってるもんね。
前回のコラムはオレオレ詐欺について書いたけど、もし情報が漏洩することがあれば、そのような犯罪にも使われるかもしれないとか考えてしまいました。

店員の皆さんは皆さん良い人で親切で感謝しかないんですけどね。
心、荒んだな、間違いなく。

あれ、ほんとに音楽関係ないや。笑
このままどんどん違う方に行きそうな予感。。。いやいや、それは無いか。笑
どうなるか、請うご期待!