オタクからは足を洗ったんです(笑)

先月11/15の科学特奏隊はいろいろな意味でぐっと来た。

オワリカラ、The Future Ratio、ex.THEラブ人間、ex.太平洋不知火楽団、シガレットケースのメンバーからなる真剣に特撮を愛するカヴァーバンドが演奏する楽曲は、彼らのリアルタイムではなく俺らが幼少時に聴いた主題歌。
あえてメジャーな主題歌はカヴァーしていないんだそう。

【ウルトラマンレオ】の楽曲の秀逸さに気づかされ、こんなの知らん!!と思ってたけどサビになったら聴いたことあった【ファイヤーマン】とか。

普通選曲しない【怪奇大作戦】のテーマなんて。

【ゴジラ】のテーマなんてまるでKING CRIMSONみたいだった。

知らない人にはなんのこっちゃな話ですが。笑

昔のTVや映画だけど、けっこう記憶に染みついてるもんなんですよ。
かなり真剣に見てたから。

僕が小さいときはそりゃもう怪獣ブームの真っただ中で、親父が仕事帰りによく怪獣ソフビ買ってきてくれて。
外に出ないで怪獣の絵ばっかり書いてろ子供だったんですが、中学入るか入らないかの時にウルタラシリーズの怪獣の絵の公募でで採用された事があって。

それが今頃になって初対面のバンドマンから「あの怪獣を考えた人ですよね?」
みたいに歩み寄られる事が多々あります。

科特隊の面々も例外にあらず、ロマンポルシェ。の優光さんも知ってたもんな。

なんか昔はバンドマンが特撮やアニメ見るなんてかっこ悪い、みたいな空気だと思ってたんですが、増子兄さんの怪獣好きを知ったり、科特隊と知り合ったり、自分の内外でずいぶん状況が変わったな~~って思います。

今更またハマろうとは思いませんが、そういうバンドマンやお客さんが来たときは怪獣話に花を咲かせようと思います。