「今出来る事を今やる」

いよいよ寒い季節に本格的に突入しましたね。
来札バンドの飛行機は辛うじて飛んでおります!笑

そんな真冬の札幌から抜け出す様に、先日、東京の下北沢ERAで行われたイベントに顔を出してきました。

スピリチュアルラウンジに関わる前からずっと親交が深い、VJ斎藤さちよトリビュートLIVE@東京バージョン。

知ってる方も居るかと思われますが、夏にスピリチュアルラウンジで行われた企画の東京版です。

VJという存在は最近、北海道でもやっと着目されるようになって来ましたが、彼女と出会った時はまだあまり認知されておらず、彼女が作り出す映像がステージに映し出された時、なんとも言えない不思議な感動がありました。

当時から東京在住だったにも関わらず、僕がやっているイベントに感銘を受けてくれて、自分から札幌のイベントに出向いてくれるようになり、来てくれては、いろいろなバンドも紹介してくれました。

今年5月、いつものようにさちよにオファーのメールを送ったところ、
「もしかしたら進行性のガンかもしれない。とりあえず詳しい検査をするから、今決まっているイベントもキャンセルさせて」

何を言ってるんだろう?またいつものキツい冗談じゃないのか?

いささか信じられない気持ちも手伝い、そのメールには返信しませんでした。

しかし、数日後、検査結果が出て…

「末期ガンだったー、ショック~」

その言葉の軽さから、逆に衝撃はハンパ無かったです。

それからブログやツィッターで彼女が呟く言葉は、重くシビアながら、どこかユーモアが混じっていて、そのバイタリティーの深さを感じていたのですが、ある日、体力的に、精神的に、金銭的にホントにキツかったのでしょう、弱音を吐いたのです。

どうしよう、何かしなきゃ、何かしなきゃ、と思っていた気持ちを後押ししてくれたのは自分のバンドのメンバーでした。

「何か出来ないかな?」

その一言がきっかけとなり、「VJサチヨトリビュート」LIVEが札幌で開催され、彼女の地元仙台、そして東京へ飛び火して皆が参加してくれました。

毎回、少しずつですが、治療費として義援金が集まっています。

前回の東京でのイベントを見たライブハウスの人達が、是非うちでもやりたい、と言ってくれていて、近々またトリビュートLIVEが東京で開催出来そうです。

札幌でもまたやるかもしれません。

そんな皆の動きに感涙気味のサチヨ当人は、体調が悪くてイベントに参加出来ないのを悔しく思っています。

当たり前のように出来る事が出来なくなる、これは決して人事ではなく、

今出来る事は今やらなければならない、という指針になります。

やらなければならない事はすぐやる、観たいLIVEは見に行く、また次がある、なんて言ってるうちにバンドが休止するかもしれない、誰かが体調を崩すかもしれない、好きなライブハウスが無くなるかもしれない……etc

後悔しないように、すぐ動きましょう!

そして1日も早く、サチヨが現場に復帰する事を心より願っています!

札幌スピリチュアルラウンジ店長

新保知健:

90年代札幌でCATCH THE MONOCHROMEのギターとして活動し、現在はFLUKE、46°haloをはじめ来札アーティストとのコラボ、セッションも多数。常に第一線を意識し、生涯現役のバンドマンを目指す。

FLUKE HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=fluke_beyourself

 

 

FLUKE LIVE情報
1/22 @ Spiritual Lounge
cruyff in the bedroom [MOONGAZE TOUR 2012] DVD配布ワンマンツアー
open18:00 start18:30 adv:\3,000(DVD付) Plus1D\500
Ticket:SPIRITUAL LOUNGE, LAWSON TICKET L-17993(11/22発売)
Act : cruyff in the bedroom   Guest Act : FLUKE / 末期症状