『ワンマンバンドって言われるけども』

どうも店長です。

フェスの季節になって参りました。

今年はジョインもライジングも行けなさそうで、すっかり蚊帳の外みたくなっとりまして。

いえ、別にスネてません!社長が皆でビアガ行きたいね、って言ってくれたから良いんです。

単純な僕は頑張れます。笑

心配なのは、ここ数年で出てきた日光アレルギー。

日の光を浴びると湿疹が出てくるんです。

多分いつか燃えます。

バンパイアか?確かに生活は夜中心ですが。。。。

昨日の打ち上げで熱く語るバンドメンバー。

耳を傾けてみると、メンバーへの不満がたらたら。

しかしながら、僕はずっとそのバンドは歌を歌ってる子のワンマンバンドだと思ってたので、意外でした。
僕はワンマンバンドというのは決して悪くないと思うんです。

あくまでリーダーを信頼してバックバンドに徹するメンバー。

リーダーがやろうと思った新曲を、やろうと思えば本番前の打ち合わせ1つで出来てしまう。時間の短縮になりますからね。

でも、そのバンドは、メンバーが出来ないことをそのままにしている事に不満を抱いてるリーダーと、リーダーを助けようとするメンバーが居ました。
ワンマンバンドだと、こうはいきません。

全てリーダーが解決しなきゃならないんですからね。
ワンマンから結束力のあるバンドへと変貌しているのだなぁと、なんか嬉しかったんです。

いえ、それだけです。
夏、すぐ終わっちゃうなぁーーー!
日光アレルギーだけども。